コンクリート打ちっぱなしの良いところ悪いところ

デザイナーズマンションに住むなら、
壁がコンクリートの部屋に憧れがあるかもしれません。

 

コンクリートの壁で囲まれた部屋はクールに見えますが、
コンクリート打ちっぱなしにも、
良いところと悪いところがあります。

 

憧れだけでなく、
住む前に機能性も考えていきましょう。

 

 

コンクリート打ちっぱなしの良いところ

 

コンクリート打ちっぱなしの良いところは、騒音が気にならないところです。
コンクリートの壁には、防音効果があり、多少うるさくしても隣に迷惑がかかりません。
友人を呼んで夜中にワイワイ楽しむなら、コンクリートの壁にはメリットがあるでしょう。

 

傷がつきにくいこともメリットで、賃貸でも、修繕費がそれほどかからないでしょう。

 

 

コンクリート打ちっぱなしの悪いところ

 

コンクリート打ちっぱなしは、防水性が弱いです。
家の中まで雨が侵入してきてしまうことがあります。

また、夏場は涼しいかもしれませんが、冬場はとにかく寒いです。
暖房をつけても、一向に部屋全体が暖まらないということが多いようです。

 

コンクリートの壁は、冷えると冷えっぱなし、温まるまでに時間がかかります。

 

断熱性も低いため、隙間風が入ると、部屋はかなり寒くなってしまうでしょう。